東和農旅とは

「東和農旅」とは?
岩手県花巻市東和町の伝統的な生活体験や、地域の人々との交流を楽しむ体験をしてもらうことで、地域住民への「自信」「誇り」「活力」を取り戻し、ここに暮らして良かったと皆が思える地域づくりをめざす活動全体のことを表す言葉です。
詳しくは東和農旅推進計画<概要版>をご参照ください。

「東和農旅」が生まれた経緯
東和地域の属する岩手県花巻市は、岩手県内陸南部に位置する、豊かな田園の広がる農村地帯です。詩人で童話作家の宮沢賢治が愛した故郷でもあり、農業や観光を中心に、地方の人口減少や高齢化に負けないまちづくりに取り組んでいます。
その中でも東和地域は、固有の歴史や集落の強い絆、外から来た人を受け入れる文化を持ち、とても個性に富んだ地域です。しかし近年、ネットワークが低下し、人口減少、農地や山の荒廃も進み、人とのつながりが薄れつつありました。
そんな状況に危機感を抱き、「自信」と「誇り」そして「活力」を取り戻したいと思う有志のメンバーが集まり、平成293月に「東和おもしろ作戦会議」という集まりが誕生しました。
その作戦会議の中で、東和の魅力を再発見し、磨いて発信する活動を行っていこう!そして地域外の人にその魅力に触れて感動してもらい、自分達も感動し、移住定住につなげていく活動をしていく「東和農旅」を進めていくことが決定したのです。
この「東和農旅」を、より具体的に進めていくために「東和おもしろ作戦会議」メンバーが事務局となって、関係者や興味のある住民を巻き込んだ組織「東和地域交流のまちづくり協議会」が平成296月に設立されました。

「東和農旅」に取り組む体制
「東和地域交流のまちづくり協議会」は、専門家の助言、協力NPOとの連携、花巻市の参画などを受けながら、地域で頑張る個人や団体、行政などをヨコにつなぎ、支えながら「東和農旅」に取り組んでいきます。

ロゴに込めた想い
ほら貝は百姓一揆のシンボル。その音が村々に響きわたる時、人びとは集まり・火を焚き・行動を始めるのです。南部藩は江戸時代を通じて百姓一揆の件数が全国最多。その中でも多かったのが現在の東和地域でした。いま、私たちはその誇りと気骨を受け継ぎ、地方消滅ともいわれる危機に立ち向かう時です。あつまり・ぬぐだまり・動きはじめよう。その思いを、ロゴに込めました。

活動内容
 1.農泊※の体制づくり
 2.交流のまちづくりの推進
 3.移住・定住の相談と案内
 4.食文化の発信と拠点づくり
 5.地域で活動する個人・団体等の支援連携
 6.その他東和地域と花巻市の活性化に関すること
 ※農泊:農村に滞在し、伝統的な生活文化や交流を楽しむこと


活動の経緯
平成元年7月  神奈川県川崎市との交流が始まる
 2年8月  川崎市の小学生の農家民泊受入れスタート
 6年12月  東和町民手づくりのテレビドラマ 「牛とコスモス」制作・放映
 8年8月  東和町グリーン・ツーリズム運営協議会設立
 15年6月  産直あおぞら開店
      母ちゃんレストラン「つたの輪」新装移転
 18年1月  花巻市と合併
 29年3月  東和おもしろ作戦会議設立(有志)
   6月  東和地域交流のまちづくり協議会設立
   7月  農水省「農泊推進事業」の計画承認・採択
   8月  東和おもしろ作戦研究所オープン

団体の概要
東和地域交流のまちづくり協議会
連絡先:東和おもしろ作戦会議(法人化検討中)
〒028-0114
岩手県花巻市東和町土沢5区372
電話:0198-29-6500 FAX:0198-29-6501
メール:omoshiro@leaf.ocn.ne.jp
ホームページ:http://touwa-noutabi.blogspot.jp/

会員募集しています
「東和農旅」を推進する、東和地域交流のまちづくり協議会では、東和地域にお住まいの皆様や東和地域に想いを寄せて下さる方々とともに進んでいきたいと思います。
活動を継続して広げていけるよう、活動にご賛同いただける皆様のご参加、ご協力をお願いいたします。

農泊事業協力団体
 認定NPO法人 遠野山・里・暮らしネットワーク

関連情報

0 コメント :

コメントを投稿